遺品整理の実績紹介

遺品整理の注意点 悪徳業者が少なからず存在する理由とは

遺品整理においては業者に依頼されようとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

遺品整理の業界はここ数年で急速に拡大しつつありますが、残念ながらそれに伴い悪徳業者も少なからず存在するようになってきています。

どうして遺品整理において悪徳業者が多いのでしょうか?

 

◦遺品の相場がわかりにくいため安価に買収しやすい

遺品整理においては、遺族もよく知らない様々な価値のある商品が出てくることもあります。

それを買い取ると申し出る業者も少なからずありますが、そこで相場よりもはるかに低い額を提示してくることがあります。
でもふさわしい価格がいくらなのかがわからないため、つけられた値段がおかしいということに気付くのが困難なのです。

悪徳業者はその点に付け込み、査定額をあえて伝えずに引き取ることすらあります。

 

◦作業が基本部屋で行われるため、犯罪に利用されやすい

遺品整理は部屋で行われるため、その現場に居合わせるのは基本的に遺族と業者の担当のみです。

密室の空間でしかも物品を触る作業をしていますので、犯罪に利用されやすいです。
遺族の方が遺品のすべてを知っているとも限りませんので、遺品を盗られても気付かずに終わってしまうこともあり得ます。

 

◦儲けやすい

上の2点と関連するのですが、他の業種と比べてやり方次第で一度の契約当たりの利益を大きくすることができる余地があることも、悪徳業者が増える一因となります。
こういった一般人にはすぐには気付きにくい特性があるために悪徳業者が氾濫してしまっています。

このような悪徳業者との契約を避ける方法は他の記事で紹介しておりますので、そちらも参考にしていただけますと幸いです。

遺品整理の悪徳業者に騙されない、費用の話や見積もりから見抜く方法

遺品整理の業界には残念ながら悪徳業者もいます。

その大きな理由の一つとしてあるのは費用が固定されておらず見えにくいことです。

今回は、見積もりの段階や費用の話の中でひっかかりがちな手法と、騙されないための方法をご紹介します。

 

◦特別価格

遺品整理業者に限らないのですが、悪徳業者の常套手段として、値引きをするなどして価格を安く見せるというのがあります。

お得だなと思って契約したら特別価格の対象ではなかったというのがよくある騙され方です。

特別な価格ですので、当然ですがそうなる条件が存在しています。

正規の価格も表示されているかを確かめると共に、ご自身が特別価格の対象であるかを慎重に確認した方が良いでしょう。

 

◦●●円~・基本料金

問題はこの『~』です。ここからわかるのは最低価格が●●円であるということだけであり、●●円で必ずしも行ってもらえるとは限りません。

契約して実際に支払いになって初めて高額な費用であることが判明するという事例もございます。

 

また基本価格などと書かれている場合には何か追加で費用を請求される可能性が高いです。

『~』『基本○○円』といったあいまいな表示がある場合には鵜吞みにせずに訊いて、具体的な額をしっかり提示してもらえるかどうかを確かめましょう。

 

以上、遺品整理業界でありがちな手法をご紹介しました。これを参考にして、自分にぴったりの遺品整理業者に依頼をしてくださいね。

遺品整理で業者とのトラブルを防止するには 契約後の対策編

遺品整理に限ったことではありませんが、業者と契約して何かを依頼する際には、当然何の問題も起こらずに終わってほしいですよね。

そこで今回は遺品整理において業者とのトラブルを避けるために、契約した後実際に行ってもらう段階でできることをご紹介します。

 

■大切な物を知らせておく

まず、業者にとってはどんな物品も遺品のひとつでしかありませんから、知らないうちに故人の大切な物品が勝手に処分されてしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも大切な物があるとわかっている場合は遺品整理の作業の前に業者にその存在を伝えておくようにしましょう。

 

■写真で証拠を残す!

そして、遺品整理が行われる前と後で部屋の様子を撮影しておくことも有効です。

あまり疑いたくはないかもしれませんが、遺族にはわからないだろうと推測して価値のある遺品を持ち逃げする業者も残念ながら存在します。
証拠写真として使えるだけでなく、撮影している姿を業者に見せることで抑止力にもつながります。

 

■遺品整理に参加する

そして何よりも大切なのが任せきりにしないことです。
もちろん依頼しているので全部やってもらうのは当然とお考えかもしれませんが、その場にいて協力的な姿勢を見せることでこういったトラブルを防止できるだけでなく、亡くなられた方の大切な物を片付けることに遺族としてかかわることもできます。

忙しいという方もいらっしゃるかもしれませんが、なるべく参加されることをお勧めいたします。

 

■まとめ

以上、遺品整理業者とトラブルを起こさないための方法をご紹介しました。ご参考になれば幸いです。

■遺品整理重点対応エリア

神奈川県(横浜市・川崎市・大船市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・小田原市・秦野市・伊勢原市・厚木市・大和市・海老名市・相模原市・横須賀市) 東京都(23区全域・八王子市・立川市・小平市・東久留米市・あきる野市・青梅市・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・狛江市・多摩市・調布市・西東京市・東村山市・日野市・東大和市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市。武蔵村山市) 他全国対応いたします。

■業務内容

遺品整理・遺品買取・遺品処分・遺品供養・故人の部屋清掃・片付け・ゴミ屋敷清掃・老人ホームクリーニング他