遺品整理の実績紹介

遺品整理の実績紹介

故人の衣服の整理の仕方

大切な人が突然この世の中からいなくなってしまうと、残された遺族の心は想像を絶するものがあります。
特に、故人の衣類というのは想い出が多くなかなか捨てる事が出来ずに、いつまでも整理する事が出来ずに悩む方がほとんどです。
故人が亡くなってしまったからといって、全ての衣類を捨てる必要はありません。

 
故人がお気に入りでよく着ていた衣類など、遺族により想い出の衣類が違います。
まずは、親族で形見分けをすることをおすすめします。
親族や親しい友人などが集まる事ができる四十九日などに行うと、多くの方が集まる事が出来ます。

 
出来るだけ多くの親しい人に集まってもらい、形見分けをする事で、トラブルを防ぐことができます。
親族で形見分けをしたあと、着物や毛皮など高価な衣類が残っていた場合、買い取ってもらう方法があります。
それほど高価でないのではと思っても、実は需要がある衣類もあります。

 
まずは、お店に持ち込んでみることをおすすめします。
また、衣類が大量にありすぎて自分で全て処分するのは難しいと考える方は、遺品整理業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
専門の業者が、即日に対応してくれます。

 
ただ業者を選ぶ際には、遺族の立場になり遺品を丁寧に扱ってくれる業者を選ぶ事が大切です。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

形見分けの注意点

形見分けとは、亡くなった人が愛用していた物を親しい人に分け、その人の思い出や教訓などを受け継ぐ風習を言います。形見分けの対象となる物は、一般的に時計やアクセサリー、衣服などですが、故人が大切にしていた物は全て形見になります。ただし、破損している物や使用できない物など受け取る人が困る物は、相手が形見分けを希望する場合を除いて、控える事がマナーです。

 

 

形見分けを行う時期に特に決まりはないものの、一般的に四十九日の後など、故人の冥福を祈る期間が過ぎてから行います。形見分けは贈り物ではない為、包装しないようにしましょう。もし、そのまま渡す事が憚られる時は、半紙などの薄い紙で包む程度にしておきます。

 

 

また、注意点として形見分けは遺産分割を完了しておく事が大切です。故人の所有物は、原則として相続財産となり、民法によって定められた相続人が承継する事になり、それが複数人いる場合は遺産分割をして誰がどの相続財産を取得するかを決める必要があります。その為、それを行う前に、特定の相続人が勝手に形見分けをしてしまうと、遺産相続や相続税の計算、あるいは形見分けを受けた人の贈与税の関与にも繋がる問題となりますので、十分注意しましょう。

遺品整理にかかる時間ってどのぐらい?

祖父や祖母が天寿を全うした場合、お葬式と遺品整理の必要性が出てきます。お葬式などは完全にプロの葬儀サービスに一任する事が出来ますが、一方で遺品の整理整頓については、基本的に遺族の手で進めなければいけない、という風潮が根強いです。

家族の手で丁寧に祖父や祖母の遺した家具や家電、細かな私物を整理整頓したい、と考える遺族の方々も多いです。時間のかかる作業だと理解した上で、日曜日や祝日の時間をそれに充てて、故人のお部屋の遺品整理を大勢の方々が真面目に進めています。

故人の持ち物やお部屋の様子によって多少前後しますが、遺品整理には最低でも一日の時間は必要となります。大雑把な試算ですが、一部屋分の整理整頓に一日掛かると考えれば、おおよその見当がつきます。

故人が例えば故人が書斎、自室、更にもう一つの勉強部屋などを利用していた場合だと、大雑把ではありますが、遺品整理には約3日程の時間が掛かる計算となります。また天候や家族のスケジュール、遺品整理を手伝える家族の人数等で更に時間は変わります。

更に不用品を運び出したらそこで終わりではなく、不要な家具や家電などは正しく粗大ごみとして廃棄する必要があります。

■遺品整理重点対応エリア

神奈川県(横浜市・川崎市・大船市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・小田原市・秦野市・伊勢原市・厚木市・大和市・海老名市・相模原市・横須賀市) 東京都(23区全域・八王子市・立川市・小平市・東久留米市・あきる野市・青梅市・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・狛江市・多摩市・調布市・西東京市・東村山市・日野市・東大和市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市。武蔵村山市) 他全国対応いたします。

■業務内容

遺品整理・遺品買取・遺品処分・遺品供養・故人の部屋清掃・片付け・ゴミ屋敷清掃・老人ホームクリーニング他