遺品整理の実績紹介

2018年02月の記事

時効がある故人の契約変更!一緒に遺品整理も行いましょう

「いつまでも遺品整理をしないのは、いけないよな…。」
「分かってはいるけど、どのタイミングで行えばいいの?」

葬儀や故人の死亡日から数週間が経ち、四十九日も終わってしまい、どのタイミングで遺品整理をすべきなのか、悩んでしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、故人の手続きの期限についてご紹介します。

手続きと同じタイミングで遺品整理に踏み込むという方もいらっしゃいます。ぜひ参考にしてくださいね。

 

■時効のある手続き!?

ライフラインや携帯電話、賃貸住宅の契約変更には決まった期限はありません。しかし、時効のある手続きも存在します。2年で時効になるのが、死亡一時金の請求です。

これは国民年金のみに加入し、受給要件を満たした場合のみ有効です。住宅地の市区町村役場が窓口です。

 

3年で時効になるのが、死亡保険金の請求です。加入している生命保険会社にはたらきかけましょう。
遺族基礎年金と遺族厚生年金の請求、または寡婦年金の請求は、5年が時効です。

 

状況により異なりますが、住宅地の市区町村役場が窓口です。また、寡婦年金は国民年金のみに加入し、受給要件を満たした場合にのみ、有効です。

 

今回は時効が存在する、故人に関する手続きについて紹介しました。

遺品整理も一緒にしよう!と思っても、一人で行うのは大変ですし、部屋も綺麗にしたいですよね。

そんな時は私たち、遺品整理のプロがお助けします。

お気軽にお問い合わせください。

家族が亡くなり2週間以内に行うべき手続き!一緒に遺品整理!

「遺品整理、どのタイミングですればいいのかな?」

家族が亡くなり数日。まだまだ気持ちも落ち着かず、遺品整理に踏み込むのには勇気がいりますよね。

ところで、家族が亡くなり2週間以内に行わなければならない手続きがあるのはご存知でしょうか?

 

今回は2週間以内に変更しなければならない手続きについて紹介します。

そのタイミングで遺品整理に踏み込む、という方も多くいらっしゃいますよ。

 

■2週間以内に行うべき手続きとは?

まずは7日以内に行うべき手続きです。

故人の本籍地、死亡地、または届出人の住所地の市区町村役場に対して、死亡届、埋火葬許可証交付申請を行いましょう。
10日以内に行うべきなのは、年金に関する手続きです。年金事務局に対して年金受給権死亡届を提出しましょう

 

また、加給年金額対象者不該当届も提出しましょう。基礎年金の場合は14日以内と、期限が少し伸びます。

14日以内には住宅地の市区町村役場に世帯主変更届を提出します。

 

また、介護保険、老人医療受給者、特定疾患医療受給者、身体障害受給者、児童手当の手続きも行います。

これらは故人の状況に応じて、手続きの有無、手続き窓口が異なるので、お気をつけください。

 

今回は家族が亡くなり、2週間以内に行わなければならない手続きについてご紹介しました。

手続きを一つ終えると、家の遺品も整理したくなるかもしれません。

しかし、なかなか時間も取れないですよね。そんな時は丁寧な作業、低価格の弊社にお任せください!

いつするの?速やかに行うべき手続きと同タイミングの遺品整理!?

「遺品整理って、いつすればいいのだろう?」

気になる遺品整理のタイミング。人それぞれでいいとは分かっているものの、なかなか気持ちも落ち着かず、遺品整理に踏み込めないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

契約終了のタイミングで遺品整理をスタートさせるという方もいらっしゃいます。

そこで今回は、故人の様々な契約を終了、変更させる期限をご紹介します。

 

■速やかに行うべき手続き

故人が亡くなれば、速やかに行うべき手続きを紹介します。

電気、ガス、水道といったライフラインの契約者名義の変更。

新聞やインターネットの名義変更または解約。

故人が使用していた携帯電話、クレジットカードの解約など。

これらは全て、各契約先に対する手続きが必要です。

 

故人の勤務先または市区町村役場が窓口になっているのが、健康保険証、高齢受給者証、介護保険被保険者証などの返却、変更です。

また、年金事務局に対して、厚生年金の手続きも変更しましょう。

配偶者が故人の扶養になっていた場合は、国民年金への加入、国民健康保険への加入も必要です。

 

今回は、家族が亡くなった時、速やかに行わなければならない手続きについて紹介しました。

このように契約にははっきりとした期限があるので、変更、終了の手続きがしやすいですが、遺品整理となると、話は別ですよね。

しかし、これらの手続きと同じタイミングで遺品整理を行いたいという方も多いことでしょう。

そんな時は遺品整理のプロである、私たちにお任せください!

■遺品整理重点対応エリア

神奈川県(横浜市・川崎市・大船市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・小田原市・秦野市・伊勢原市・厚木市・大和市・海老名市・相模原市・横須賀市) 東京都(23区全域・八王子市・立川市・小平市・東久留米市・あきる野市・青梅市・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・狛江市・多摩市・調布市・西東京市・東村山市・日野市・東大和市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市。武蔵村山市) 他全国対応いたします。

■業務内容

遺品整理・遺品買取・遺品処分・遺品供養・故人の部屋清掃・片付け・ゴミ屋敷清掃・老人ホームクリーニング他