遺品整理の実績紹介

2017年11月の記事

遺品整理の相場を知る前に、遺品整理費用の内訳を把握しよう!! 作業料金と運搬費用

「遺品整理の相場って、どれくらいかかるの?」
「費用はあまりかけたくない。できるだけ安いところはどこ?」
など、遺品整理の代行を検討していて、遺品整理の費用について知りたい方は多くいらっしゃいます。

 

たしかに、遺品整理の相場を知ることで、費用の低い遺品整理業者が分かります。

しかし、安すぎるところは、怪しい業者です。

というのも、遺品整理のうち何らかの作業を取り除いている可能性があるからです。
そのため、遺品整理の代行を依頼する場合は、遺品整理費用の内訳を把握することが重要になります。

 

・作業料金には、3つの作業の費用が含まれる

 

まずは、遺品整理の作業料金です。
作業料金には、分別作業、梱包作業、収集作業の3つの作業の費用が含まれます。

 

・遺品と処分品の分別作業

・保管するものや買い取ってもらうものの梱包作業
・廃棄物の収集作業

この3つの中でも、作業に時間が必要なのが、分別作業です。

残しておく物と処分する物を分別する作業は、非常に大変だからです。

そして、時間がかかる分、費用が掛かってしまいます

 

・運搬する量が多く、運搬する距離が長ければ、運搬費用が高価に

 

次は、トラックでの運搬費用になります。
買取・引取をお願いする時や廃棄物の運搬はトラックを使用します。

 

また、トラックの運搬費用は、運搬する量が多ければ多いほど、また運搬する距離が長ければ長いほど、それに応じて高くなります。

そのため、コストを抑えたい場合は、運搬量を減らす、あるいは住んでいるところから近い業者に依頼すると良いでしょう。

 

いかがでしょうか。

分別作業・梱包作業・収集作業やトラックの運搬が、遺品整理の費用の大きさに影響します。

また、特に影響を持つのが、「分別作業」なのです。次回も引き続き「遺品整理費用の内訳」についてお話したいと思います。

遺品整理の費用を安く抑えるためには? 買取金額を上げよう!

「遺品整理の費用の相場見たけど、ちょっと高いな・・・」
「遺品整理のコストの抑え方があれば教えてほしい」
など、遺品整理を検討していて、できるだけ費用を抑えたいという方は多くいらっしゃいます。

 

「うーん、やっぱり、遺品整理の費用の相場より安く依頼するのは無理かな・・・」
いいえ、可能です。実は、買取金額を上げることで、コストを抑えることができます。

 

・買取金額を上げると、遺品整理のコストを抑えることができる

 

遺品整理の流れは、「遺品整理」→「処分品処理」→「搬出」→「清掃」となっています。

このうちの「処分品処理」という部分に注目してください。
このステップでは、処分品の処理を行いますが、処分品をすべて廃棄物として処分するのはもったいないです。

コストを抑えるためには、。家具や家電は買い取ってもらい、再生して利用できるものはリサイクルをしたほうが良いでしょう。

 

また、自分で品物をリサイクル店舗に持ち込むという方法もあります。

買取先に配送となると、その分運搬費用が掛かってしまうため、リサイクル店舗に持ち込んだほうが良い場合もあるのです。

 

そして、さらにコストを抑えたい場合は、品物ごとに様々な店舗へ持ち込むと良いでしょう。

というのも、それぞれが買い取ってもらいやすい分野に持ち込んだほうが高値で買い取ってもらえるからです。
しかし、遺品整理のなかにも、かなりの買取価格を提示してくれる業者もいるので、しっかり比較評価することが重要になります。

 

いかがでしょうか。

高値での買取が成功したとき、遺品整理の費用をかなり抑えることができます。

そのため、品物ごとに様々な店舗へ持ち込んだほうが良いのですが、なかには、それらの店舗以上の買取価格を提示してくれる業者もいるので、しっかり比較評価をしましょう。

遺品整理の費用の相場は、3つの要素によって変わる!?

「できるだけ遺品整理の費用を抑えたい」
「遺品整理の相場より、安く済ませたい」
など、遺品整理を検討していて、どうすれば遺品整理の費用を抑えることができるのか考えている方は多くいらっしゃいます。

 

実は、遺品整理の費用は、家ごとに変わるのです。そのため、あなたのお家だと、一般の相場より安く遺品整理を済ますことができる可能性もあります。
では、どのようにして、費用の相場は変わっていくのでしょうか。

 

・「物の量」「運搬距離」「人件費」によって、費用の相場は変わる

 

遺品整理の費用は、家の中に残る物の量によって変わります。
つまり物が多ければ多いほど、時間を要することになり、費用が掛かってしまうのです。

 

例えば、分別作業をするにあたって、たくさんある物の中から、残しておく物と処分する物を分別するのはとても時間がかかってしまいます。

また、買取・引取をお願いする時や廃棄物の運搬はトラックを使用するので、運搬する量が多いとき、トラックの運搬費用がたくさんかかってしまうのです。

 

また、トラックの運搬費用は、運搬する量だけでなく、運搬する距離によっても変わってきます。

そのため、できるだけ住んでいるところから近い業者に依頼すると、費用は少なくて済みます。

そして、人件費についても注意が必要です。

運び出す物の量が多すぎると、作業員の人数や使用する車両の数も変わってくるので、人件費がかかり、結果的に、遺品整理の費用が高くなります

 

いかがでしょうか。

遺品整理の費用は、「物の量」「運搬距離」「人件費」によって、高くなったり、低くなったりします。

特に、運搬距離については、距離を短くすることで、費用を抑えることができるので、住んでいる地域の業者に依頼したほうが良いでしょう。

遺品整理を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

■遺品整理重点対応エリア

神奈川県(横浜市・川崎市・大船市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・小田原市・秦野市・伊勢原市・厚木市・大和市・海老名市・相模原市・横須賀市) 東京都(23区全域・八王子市・立川市・小平市・東久留米市・あきる野市・青梅市・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・狛江市・多摩市・調布市・西東京市・東村山市・日野市・東大和市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市。武蔵村山市) 他全国対応いたします。

■業務内容

遺品整理・遺品買取・遺品処分・遺品供養・故人の部屋清掃・片付け・ゴミ屋敷清掃・老人ホームクリーニング他