遺品整理の実績紹介

2017年05月の記事

遺品整理する方必見!こんなときどうする?その1<現金編>

こんにちは。
故人を悼む気持ちをもって、その思い出の品を分別し、処分や保存をする遺品整理。その際には、形見や価値のあるものだけでなく、処理に困ってしまうようなものが発見されることもしばしばあります。そういった際にどのように対応すればよいのかについて、お話しさせていただこうと思います!
初回は、「現金」についてです。
■勝手にとってはいけない!
故人様のへそくりや、個人的な貯金として現金が家の中から発見されることはしばしばあります。そういった際に、「運が良い!」と、勝手に自分のものにしては後々のトラブルのもとになってしまいます。必ず、関係のある法定相続人の方に共有をしたのち、しかるべき方法で分配を行いましょう。

■気をつけるべき相続税
この際に一定以上の額ですと、相続税がかかってしまうので注意が必要です。
この基礎控除額のボーダーラインは、「3000万円+600万円×法定相続人の人数」となっています。これを超えるほどの大金がご自宅から見つかるケースは稀ですが、その際は税金に注意しましょう。
いかがでしたでしょうか。このように、現金というものは一見扱いが簡単そうに見えますが、一番トラブルの原因ともなりやすい代物です。みなさんもこういったことに注意して遺品整理を行って下さいね。

難しい遺品整理についてのポイントその4<特殊清掃編>

こんにちは。
前回は汚部屋における遺品整理の際に気をつけるべきポイントをお話しさせていただきました。さて今回は、特殊清掃が必要な場合の遺品整理についてご紹介いたします!
■そもそも特殊清掃とは?
特殊清掃とは、遺体が腐食してしまうなどの原因でダメージを受けたお部屋を清掃し、元の状態に戻すことを言います

■業者の重要性
このような場合、自分たちの手のみで清掃を行うというのは、物理的にも精神的にもとても負担のかかる作業です。ぜひ、特殊清掃に強い業者を活用してみてください。

■清掃からリフォームまで
多くの業者では、清掃・消臭だけでなく、傷んでしまった床の張替えや、ドアごと変えるなどのリフォームに関しても対応してくれます。
ぜひ、こうしたものを活用して次の住居として使える状態にしたいですね。この際に、お見積り及び、予想される設計をしっかりと共有してイメージ通りのリフォームを行うことに留意しましょう。
いかがでしたでしょうか。全4回にわたって少し複雑な遺品整理のケースをご紹介いたしました。遺品整理というものは、作業という意味の他に、故人と向き合い、自分の心を整理するという大切な意味も持ちます。
ぜひ、4回で述べたことを頭の片隅に入れ、スムーズかつ丁寧で、誠実な遺品整理を行えるようにしてみてください!

難しい遺品整理についてのポイントその3<汚部屋編>

こんにちは。
前回は、孤独死のお部屋の清掃及び遺品整理で留意すべき点をご紹介させていただきました。さて今回は、汚部屋のような、散らかっているお部屋での遺品整理についてお話しさせていただきます!
■どれだけ事前に清掃が必要?
故人のお部屋がとても散らかっており物で溢れているという場合、難しいのはどこまでを業者に依頼し、どこまでを事前に自分たちで清掃しておくかという点です。もちろん、自分たちで出来る場合、清掃することは非常に良いことですが、時間や手間の面を考えると、何が必要で何が不要かを決めておくだけで十分と言えます。
そして、それをしっかりと業者に伝えることで、後はすべて任せることが出来ます。

■使えるものはリサイクル!
モノがたくさんある場合、まだまだ使えるものが多いというケースもあります。そうした場合はリサイクルをしっかりと活用しましょう。資金面で、多少の足しになるほか、環境にもよく一石二鳥と言えます。その際、重いものや大きいものが多い場合は、一括して引き取りを依頼するのも一つの手です。
いかがでしたでしょうか。このように、汚くなってしまった部屋でも、適切なアプローチをとることで、比較的手間も少なく、きれいな状態に戻すことが出来ます。皆さんもぜひ、こうした方法を頭に留めておいてください!

■遺品整理重点対応エリア

神奈川県(横浜市・川崎市・大船市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・小田原市・秦野市・伊勢原市・厚木市・大和市・海老名市・相模原市・横須賀市) 東京都(23区全域・八王子市・立川市・小平市・東久留米市・あきる野市・青梅市・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・狛江市・多摩市・調布市・西東京市・東村山市・日野市・東大和市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市。武蔵村山市) 他全国対応いたします。

■業務内容

遺品整理・遺品買取・遺品処分・遺品供養・故人の部屋清掃・片付け・ゴミ屋敷清掃・老人ホームクリーニング他